代表:宮崎圭輔

科学修士(MS)京都大学, 京都府(乙種)消毒主任責任者
京都大学医学研究科人間健康科学専攻修了、一般医療機関勤務、京都大学医学部附属病院研修を経て、ミナカタ消毒株式会社を独立

 

ミナカタ消毒株式会社では、オゾンを用いた微生物消毒や防疫対策への貢献を社会的役割と考えています。

オゾン発生器は水道水から食品まで広く利用されてきた消毒方法ですが、一般にはまだ浸透していません。一般には馴染みの無い消毒装置となります。感染症や悪臭物質が増える中、古典的かつ強力な「オゾン」の作用に注目が集まっています。

このオゾンの素晴らしい効果を、国産メーカー器を通して、皆様に安全にご利用いただければと考えています。 

取扱商品

オゾンは古くから水道や食品などの消毒殺菌に利用されてきました。ミナカタ消毒株式会社では、高濃度オゾン発生器「オゾンクラスター1400」の販売と、小型業務用オゾン発生器「オースリークリア3」の販売を行っています。

 

オゾンクラスター1400 (248000円:税別)

 

1時間あたり1400mgという高いオゾン生成量で、COVID19(新型コロナウイルス)も含めた多くの微生物を不活化します。また日本製の丈夫で使いやすいオゾン発生器です

 

オースリークリア3の販売 (59800円:税別)

 

業務用小型オゾン発生器 (オースリークリア3)を販売しています。小型ながら高いオゾン生成量のオゾン発生器です。


 

※メールでのご注文を承ります。振り込み口座メールを送りますので、そちらの口座振込を確認して、ご注文完了となります。

※現在、新型コロナウイルス(COVID19)の影響で製造工場に多くの発注がかかっています。予約注文となります。

 

オゾンの微生物不活化メカニズム

 

オゾンは空気中の有害物質や微生物を酸化させて分解・破壊します

オゾン ( O3 ) の特徴として、強い酸化力をもつことが挙げられます。O3は結合のエネルギーが弱く、たとえ何らかの原因で発生したとしても、空気中では「O2」と「O」また水中では「OH」に分解してしまいます。一方で、O、OH※は不安定な物質であるため、他の物質と結合しようとします。

不安定なOが他の物質と結合することを「酸化」と呼びます。つまり、O3 は容易に分解することで他の物質に対して強い酸化作用を及ぼす物質なのです。

 

オゾンが細菌の細胞膜、またウイルスのエンヴェロープ構造を破壊する「溶菌(ウ)」という反応で不活化します。オゾンによる菌とウイルスの不活化の仕組み (参照)

 

このオゾンの強力な酸化反応は、病原菌の殺菌の膜構造を壊す「溶菌(ウ)」作用により、ウイルスの不活化に最適です。薬剤による消毒と異なり、時間とともにオゾンは酸素に分解するので有害性のある残留毒物も残しません。薬剤耐性を作りません。

 

オゾンクラスター1400 の到達CT値 (60〜330)

オゾンクラスター1400を用いて、弊社事務所 (62㎡、高さ2.3m)でCT値を計算したところ、CT値 60までは1時間以内に、CT値 330までは4時間以内に到達しました。CT値は、気温、湿度など状況により異なりますが、奈良県立医科大学が行った実験と同じCT値のオゾン濃度に到達できることを確認しました。

 

中国製の激安オゾン発生器について(危険です)

 

近年、危険かつ壊れやすい中国製の激安オゾン発生器が出回っています。危険ですので絶対に買わないでください。

近年、アマゾンや楽天などでは3000円〜2万円台の激安オゾン発生器が販売されています。多くは中国製で工場直販の激安オゾン発生器になります。

アマゾンで販売されている激安オゾン発生器

 

 

いい加減に作られているので壊れやすく、オゾン濃度も安定しません。さらにオゾン発生器は高電圧の放電によりオゾン生成するので、非常に危険な商品が多い状態です。安いオゾン発生器に手を出すのは危険ですので、ご注意ください。(代表 宮﨑)