オースリークリア3は、小型ですがハイパワーな業務用オゾン発生器です。今まで、ホテル、飲食業、自動車など様々なサービス業の消毒・脱臭に利用されています。60㎡以下の室内においては高いウイルス不活化力を発揮することもできます

オースリークリア3のお申込み

利用方法、濃度計算、価格交渉、全て対応します。お気軽にご相談ください

(代表)宮﨑圭佑、科学修士(MS)京都大学
京都大学医学研究科人間健康科学専攻修了、一般医療機関勤務、京都大学医学部附属病院研修を経て、ミナカタ消毒株式会社を独立、京都府(乙種)消毒主任責任者

 

製品のカタログ (性能・利用方法)

 

 

銀行振込での購入になります

メールでのご注文を承ります。振り込み口座メールを送りますので、そちらの口座振込を確認して、ご注文完了となります。

 

弊社でも利用するハイパワーな業務用小型オゾン発生器です

オースリークリア3は、600mmg/hという一般的な事務所やホテルの客室などでは、十分利用可能なオゾン排出量を持っています。より高濃度でのオゾン消毒を行いたい場合は、オゾンクラスター1400をご利用ください。

オースリークリア3は、弊社事務所の入る「三ツ林ビル」でも利用いただいています。小型ながらハイパワーな性能を持つオゾン発生器です。

 

オースリークリア3の性能

 

水に溶かしての利用実験

オースリークリア3のオゾンガス (気体) を水に溶かして、色素の脱色実験を行いました。

高濃度のオゾンが、短い時間で色素成分を分解します。

 

オースリークリア3の使い方

オースリークリア3の使い方を動画で解説します。無人環境下でタイマーをセットして、オゾンを炊くだけで部屋空間のウイルス不活化、除菌ができます。オゾンを炊いた後は部屋の換気をしてください。

 

利用上の注意

・高濃度オゾンは人体有害性がありますので「無人環境下」で炊いてください。

・オゾン燻蒸後は、窓を開けて換気して残っているオゾンを部屋から出してください。

・動物(ペット)がいる環境ではオゾンを炊かないでください。

 

消毒可能な微生物一覧

オゾンクラスター1400は、通常のオゾンガスによる「燻蒸法」と、専用チューブでオゾンを水に溶かす「オゾン水」の2つの方法でご利用いただけます。

燻蒸法(気体オゾン)の場合

微生物の種類 CT値 不活化率 参照実験
COVID19 330 99%以上 奈良県立医科大学
60 90〜99%
新型インフルエンザ(H1N1) 18 99.70% 北里大学
新型インフルエンザ(H5N1) 60 100% 北里大学
ノロウイルス 72 100% 昭和薬科大学微生物研究室
大腸菌 60 99%以上 昭和薬科大学微生物研究室
黄色ブドウ球菌 60 99%以上 昭和薬科大学微生物研究室
黄色ブドウ球菌 60 99%以上 昭和薬科大学微生物研究室
サルモネラ菌 60 99%以上 岡山工業技術センター

※気体(燻蒸法)の場合は、オゾン濃度(mmg/L)✕接触時間(t)を指標とします

オゾン水

微生物の種類 オゾン水濃度 時間 不活化率 参照実験
大腸菌 0.96ppm 5秒 100% 厚生労働省衛
ブドウ球菌 1.08ppm 5秒 100% 厚生労働省
インフルエンザ 0.96ppm 5秒 100% 厚生労働省
緑膿菌 1.01 5秒 100% 厚生労働省
犬パルボウイルス 0.96 5秒 100% 厚生労働省
鶏コクシジウム 1.92 30秒 100% 厚生労働省
カビ 0.3〜0.5 20秒 99.9 厚生労働省
酵母 0.3〜0.5 20秒 99.9 厚生労働省
結核菌 0.3〜0.5 30秒 99.9 国立感染症研究所

 

製品の購入・見積・利用方法に細かく対応します

 

業務用オゾン発生器は一般の家電などと異なり、浸透していない製品です。利用方法や安全確認など、何なりとご相談ください。代表宮﨑か、弊社社員の中川(東北大学工学部卒)が、万全の対応をさせていただきます。購入のお値段の相談もお受けします。

・購入前・購入後のオゾン発生器利用の相談

・見積段階での価格や助成金利用の相談

・見積書、領収書、各種書類の発行

・複数台購入にも対応しています

ミナカタ消毒株式会社では、個人・法人問わずに、お客様に対して細かなフォローを行っています。